かご情報
かごには現在、下記の分、入っています。
商品数 0
商品代金計 ¥0

かごの中身表示
注文画面へ
出荷案内
お取り寄せ 入荷に10〜14日(出版社営業日)。品切れの場合は確認次第ご連絡いたします。

予約 入荷日に発送

かごへ店舗在庫と共有にため、ご注文のタイミングにより、品切れになる場合もございます。

バックナンバーについて
・雑誌バックナンバーは、限られた在庫から出庫するため、多少の傷、破れがあります。付録がない場合や期間限定のイベント、特典が無効になる場合もあります。 雑誌バックナンバーのご発注は、一切返品できませんの、ご注文の際、ご了承ください。
CASA BRUTUS 200407号 NO.52
CASA BRUTUS 200407号 NO.52
ID casa200407
品名 CASA BRUTUS 200407号 NO.52
ご注文 品切
商品価格 974円 (税込)
説明 2004 vol.52 JULY
6月10日発売
特別定価 886円+税2004 vol.52 JULY
6月10日発売
特別定価 886円+税
建築ツウは、なぜか、ルイス・カーンが好き。それも相当に。カーンの話を始めると止まらない止まらない。カーンは、ライト、コルビュジエ、ミースを通り抜けてたどり着く最後の巨匠と言っていいのかも。建築を知れば知るほど、カーンの虜になるのはなぜ?カーサがその秘密に迫ります。奇跡的に取材できたバングラデシュ国会議事堂の撮り下ろしは一見の価値あり!
さらに、スターデザイナーが活躍を始めたクルマ業界を徹底取材した「クルマもデザイナーで選ぶ!?」、あのトム様の功績をたたえる「グッチのすべてをデザインした男、トム・フォードが残したもの」、フードは行列のできるパフェを食べ比べした「パフェは甘〜い建築です」と揃えて、お待ちしています
[Louis Kahn - The Architect's Architect]
建築ツウは、なぜルイスカーンが好きなのか?
ルイス・カーンといえば、建築自体派手でなく、発する言葉も難解。一般の人からしてみるとちょっとハードルが高い建築家です。
「ルイス・カーンっていいよね」なんて言おうものならそれだけで建築ツウに見える、そんな魔力を持つ、建築家のための建築家なのです。奇跡的に取材できたバングラデシュ国会議事堂の撮り下ろしを始め、フィラデルフィア、フォートワース、ニューハンプシャー…と各地に飛んだ取材班が見つけてきた、カーンの魅力が40ページにぎっしりです。

[Last Message from Tom Ford]
グッチのすべてをデザインした男、
トム・フォードが残したもの。
彼がデザインしたのはライフスタイルすべてでした。2004年4月30日。グッチ・グループのクリエイティブ・ディレクターとして活躍しつづけてきたトム・フォードが同グループを去りました。その幅広い知識と興味をベースに、ショップ空間、ショー会場、ホームコレクションまで自らデザイン、新しいクリエイションの世界を切り開いたトム・フォードに心からの敬意を表し、彼のデザインワークを彼のコメントとともに紹介します。


[Get into Design!]
建築家にも聞いてみました。
クルマもデザイナーで選ぶ!?
カーサが気になるクルマの話題を集めてみました。近頃、クルマのデザインが話題になるたび名前が挙がる、あのスターデザイナーっていったい誰?プロダクトやインテリア、ファッションなど異分野のデザイナーが、最近こぞってクルマを手掛けているのはなぜ?あのスター建築家が好きなクルマ、乗ってるクルマは?てなわけで、「デザインだらけのクルマ選び」の特集です。


[Parfait as Designed Dessert Tower]
パフェは甘〜い建築です。
取材中、予約のとれないあの店でもパフェを発見(これ、スクープですよ)。パフェが、ブームの予感です。パティシエが趣向を凝らすデコレーション、つまりデザインされたデザートタワーを、カーサは甘〜い建築と呼びたいんです。2時間待ちの行列の出来るパフェを、食べ比べ徹底比較、ベストなパフェも見つけました。そうそう、京都では「お懐石の後には、パフェどす」ってなことになってるって知ってましたか?


[Travel : Philadelphia]
巨匠ルイス・カーンの活動拠点、
フィラデルフィアへの旅。
カーンの地元、フィラデルフィア。母校にこんな名作を残しています/カーンと切っても切れない街のワケ/郊外にもカーンのこんな作品が!/初期作品も見つけました。出世作も発見/現代建築もお見逃しなく/鉄人レストラン探訪

 
ご注意
ご注文・発送が確定しましたらキャンセルが出来ませんのでご注意ください。
送料・支払方法・ 受け取り拒否等の表記