かご情報
かごには現在、下記の分、入っています。
商品数 0
商品代金計 ¥0

かごの中身表示
注文画面へ
出荷案内
お取り寄せ 入荷に10〜14日(出版社営業日)。品切れの場合は確認次第ご連絡いたします。

予約 入荷日に発送

かごへ店舗在庫と共有にため、ご注文のタイミングにより、品切れになる場合もございます。

バックナンバーについて
・雑誌バックナンバーは、限られた在庫から出庫するため、多少の傷、破れがあります。付録がない場合や期間限定のイベント、特典が無効になる場合もあります。 雑誌バックナンバーのご発注は、一切返品できませんの、ご注文の際、ご了承ください。
ばかと40人の青年
ばかと40人の青年
ID kinbooks05
品名 ばかと40人の青年
ご注文 品切
商品価格 1,900円 (+税)
説明 KINWEBに移動しました
ばかと40人の青年 著者 キン・シオタニ
出版社 ブッキング(1996年に鶴書院から刊行されたものを復刊)
定価 本体価格1900円+税 第一刷発行 2002/03/12
ISBN4−8354−4037−4 キン・シオタニ処女本。ここにキン・シオタニのルーツがある。
ばかと40人の青年[目次]
ばか
・ばか13・チャーハンにおける人生の感じ方14・拍手と握手のちがい15・想像力の豊かな人に呼んでもらいたい一行16・誰も知らない17・ある交通風景18・偽善者のススメ19・汚染19・プレゼント20・ちょっと奥の深い一行20・ナイフ21・類は友を呼ぶ22・旅のすすめ22・ほめ上手23・かっぱの親子24・懐古主義者24・新しい歯ブラシ25・虫25・想像力の豊かな人に読んでもらいたい一行26・がにまた27・かわいくない赤ん坊27・からくり人形28・やっらに気をつけろ29・生成と消滅30・糾弾すべきかどうか分からぬ不倫の風景30・人生30・国民はバカ31・祝砲31・和尚31・切れる頭32・生涯32・モヒカン32・想像力の豊かな人に読んでもらいたい一行33・犯罪ドーナツ34・人生はマグカップ34・うちまた34'でぶちん35・今を生きる35'ロバ36・そよ風37・じゃんけんを考えた人37・法律38・運命38・人生劇場39・小鳥40・悲しき子羊40・醜い犬41・サーカス41・ワン42・笑顔42・偉そうな顔43・ここにもまた43・若いひとたち44・想像力の豊かな人に読んでもらいたい一行44・2445・相撲46・小さな楽しみ47・今に見てろ47・人という漢字48・所48・未来48・無題49・ゴメンネ49・叫び49・眠る瞬間50・テカテカヒカル50・根50・探しもの51・一大決心51・ホームラン(その1)52・ホームラン(その2)52・ふとっちょ太郎53'涙53・おのぼり次郎54・逃げ54・出世話55・ぎゃははあはは56・お世辞56・かくれんぽ57・天の空腹57・白い粉58・オレンジ色の風景58・大きな波59・趣味59・果報は待つな60・バカとボケ60・迷信60・忘れた61・たくさんの人生62・さまざまな真実62・しみじみ63・まあがんばってよ63・確認64・まにあってよかった64・道理65・ジョオク65・馬鹿野郎!65・ふたりの生活66・向上心66・言葉67・受け身の人生67・赤ちゃん68・うどん教69・おもしろい家族69・タヌキ踊り69・鳥に襲われたセミ70・鈴虫70・兄弟喧嘩71・健全な71・車窓における人生の感じ方71・人間失格72・ひとびとがたくさん73・考える人74・知らなかったみなさん75・想像力の豊かな人に読んでもらいたい世界一長い小説76・男といい女77・けんか78・祖母79・美しい女と一本の白髪80・朝82
40人の青年
1「恋は盲目」の時代から「恋はウィンク」の時代だと主張
する青年86
2オノ・ヨーコに言われた通り世界中のすべての時計を誰にも気づかれないように二秒ずつ早めようと企んでいる
青年88
3「元気?」と聞かれて、そうじゃないのに「元気リと答えるべきか迷っている青年90
4三軒茶屋のことを"サンチャ"と呼ぶ青年92
5二十一世紀になっても猫はまだのんびりしているかどうか考える青年94
6地面をずっと掘ってブラジルまで行くことの様々な困難を考えると、やっぱり飛行機で行くのが一番合理的だと結論する青年96
7御茶の水のことを"チャミズ"と呼ぶ青年98
8文句言わない協会を脱会しようかとひそかに考えている青年100
9一番きれいな雪の破片を見つけ、そしてそれを食べようと考えている青年102
10池袋のことを"ブクロ"と言う青年104
11喜怒哀楽の表情がほとんど変わらない青年106
12形骸化された日々を送る青年108
13ジャンコクトーに才能があるかないか悩む青年110
14精神分析を必要とする青年112
15もっとも不幸な時にもっとも幸せを感じる青年114
16山手線の全駅名を順番にまちがわずにスラスラと言える
青年116
17バカをやすみやすみ言う青年118
18どんな言葉も、ブーメランのように自分のもとに帰ってくることを知っている青年120
19世界の優しい無関心に心を開く青年122
20鳩が嫌いな青年124
21同じあやまちを何度もくりかえす青年126
22霊枢車を見ると親指を隠す青年128
23恋人とうまく行っているのにもかかわらず、それを失うことにおびえている青年130
24見えない何かと戦っていると思い込んでいる青年132
25「やつらは生活はしているが人生は生きていない」と批判する青年134
26風に溶けてしまいたく思っている青年136
27宇宙やハイテクといったことに興味がない青年138
28まずほめる青年140
29止まらないしゃっくりにおびえる青年142
30ここ一番というときにとても役に立たない青年144
31(a+b)2=a2+2ab+b2という公式を何か人生に応用できないかと考えている青年146
32長崎に行きたい青年148
33"グッドスリープ"で「ぐっすり」か、と理解する青年150
34来年の足音を聞く青年152
35昨夜、夢でブランコになった青年154
36三度の飯よりハミガキが好きな青年156
37明日が待ちきれない青年158
38日が伸びたなあと感じる青年160
39十二支を順番にまちがわずにスラスラと言える青年162
40顔で笑って心で泣く青年164
あとがき166
イラスト/キン・シオタニ装丁デザイン/塩谷良治

あとがき
はい。
というわけで、「ばかと40人の青年」、いかがでしたか?
本文にもありますように、これらの作品の多くは、「読むパート」「見るパート」、ともに僕が23歳の時に書いたものです。
今、僕は26歳です。
その時の自分と今の自分とか、変ったところと変っていないところとか、そんなことを長々とここに書きはしないけれど、ひとつ確かなことは、いつも誰かの世話になり、その人の御好意に甘えていた自分があったということです。
思い返してみれば僕の誕生からこのたびの出版にい
たるまで、いろんなかたちでお世話になった人たちを
ひとりひとり書いていったらいったい何ぺ一ジくらい
になるかしら?
たぶんCD−ROMになら入るでしょうけれど、でも、それもここには書きません。
その人たちは自分で知っているはずです。
だからその人たちは、今、僕がこういうふうに書いているのを読んで、
「あ、俺のことだ」とか、「あ、あたしのことね」って思、っているはずなのです。
そうです。あなたのことです。
そのあなたに、今、ここで御礼申しあげたところで、今までに受けた恩や、かけた迷惑がチャラになるとは思っていませんが、そのことを忘れてはいないという意味をもこめて、あらためて感謝の気持ちを伝えたく思います。
本当にありがとうございました。
それから、何よりも、今、これを読んでくださって
いるあなた。
どうもありがとう。
どうでした?
僕のスタイルはすべての人から好かれるというようなものではないということは知っているし、特に何かを訴えたい、というようなものでもありません。
ただ、よろしかったら、これからもよろしくお願いいたします。
最後になりましたが、この本の出版にあたりまし
て、鶴書院のスタッフの皆様と、GIPSSTUDIOの皆様に心からお礼申し上げます。
1996年春塩谷均 
ご注意
ご注文・発送が確定しましたらキャンセルが出来ませんのでご注意ください。
送料・支払方法・ 受け取り拒否等の表記