カノジョは嘘を愛しすぎてる

あの頃の僕は、
大体が不機嫌だった――。

若者を中心に絶大な人気を誇るバンド“CRUDE PLAY”通称、クリプレ。ボーカル&ギターの坂口瞬(三浦翔平)、ベース=篠原心也(窪田正孝)、ギター=大野薫(水田航生)、ドラム=矢崎哲平(浅香航大)の4人は、デビュー以来、音楽シーンのトップを走り続けている。その全楽曲を手がけるのが、サウンドクリエーター・小笠原秋(佐藤健)だ。かつてはクリプレのベースを担当していた秋だがデビュー直前、音楽プロデューサー・高樹総一郎(反町隆史)の手により、自分達の演奏を一流スタジオミュージシャンの演奏に差し替えられたことにショックを受け、クリプレを脱退。ベースの座を心也に譲り、自らは影から楽曲を提供することによってクリプレを支えていくことを決心したのだった。

それから5年。秋はクリプレはもちろん、美貌と確かな歌唱力で人気の歌姫・茉莉(相武紗季)の曲も、高樹のゴーストライターとして手掛けるなど順風満帆な活躍を続けていた。だがその心は常に満たされない。秋の恋人の茉莉が、高樹とも密かに関係を持っていること。ビジネスとしての音楽業界の中で安易に音楽が消費されていくこと。すべてが秋を苛立たせるに十分だった。

そんな秋の前に、突然彼女は現れた。マッシュルームのような髪型をした小柄な女子高生・小枝理子(大原櫻子)。何かにすがりたかった秋は気まぐれで彼女に声をかける。「一目惚れって信じますか?」冗談のつもりだったが、理子は秋に“一目惚れした”と言う。秋が歌っていた鼻歌に、鳥肌がたったのだ…と。秋は思わず嘘の名前を告げ、自分がクリプレのサウンドクリエーターの『AKI』だということを隠してしまう。しかも茉莉との一件から、歌う女が嫌いだと、さらなる嘘をつく秋。この嘘が、実は同級生とバンドを組み、歌うことが大好きな理子を思い悩ませることになるのも知らずに…。

そんな折、偶然理子の歌声を聞いた高樹が、理子と理子の同級生・君嶋祐一(吉沢亮)、山崎蒼太(森永悠希)の3人をスカウトし、“MUSH&Co.”(マッシュ&コー)としてデビューさせることに。高樹はマッシュのプロデュースを秋に任せようとするが、かねてから高樹の音楽への姿勢に強い反感を抱いていた秋は、マッシュのボーカルが理子だとは知らず、それを突っぱねてしまう。音楽の住人だということをお互いに打ち明けられない秋と理子は、ある日クリプレの歌番組の収録ではちあわせに。自分の正体が“クリプレの秋”だと明かした秋と、歌を歌うことを告げた理子。お互いを受け入れた2人は付き合いを続けていくことに。その日の夜、初めて理子の歌声を聞いた秋は、その特別な歌声に一瞬で魅了され、プロデュースを辞退したことを激しく後悔する。だが時はすでに遅く、高樹はマッシュのプロデュースを心也に依頼していた…。

理子の夢の実現が近づくにつれ、秋と理子の、嘘から始まった恋が大きく動き始める――。

 カノジョは嘘を愛しすぎてる /  青木琴美/著
  • キャスト
  • 小笠原秋/佐藤健
    小枝理子/大原櫻子
    MUSH&Co.
    坂口瞬/三浦翔平
    篠原心也/窪田正孝
    大野薫/水田航生
    矢崎哲平/浅香航大
    茉莉/相武紗季
    高樹総一郎/反町隆史

  •  
映画化 情報
2014年12月 PART1 公開
  2015年    PART2 公開
発売予定表
新世紀エヴァンゲリオン 【プレミアム限定版】 14巻
七つの大罪 全巻
進撃の巨人 全巻
寄生獣 岩明均/著
アブソリュート・デュオ
食戟のソーマ 全巻 (1-10)
ニンジャスレイヤー殺 1
ニセコイ 全巻
発売日別コミック LINE UP