かご情報
かごには現在、下記の分、入っています。
商品数 0
商品代金計 ¥0

かごの中身表示
注文画面へ
出荷案内
お取り寄せ 入荷に10〜14日(出版社営業日)。品切れの場合は確認次第ご連絡いたします。

予約 入荷日に発送

かごへ店舗在庫と共有にため、ご注文のタイミングにより、品切れになる場合もございます。

バックナンバーについて
・雑誌バックナンバーは、限られた在庫から出庫するため、多少の傷、破れがあります。付録がない場合や期間限定のイベント、特典が無効になる場合もあります。 雑誌バックナンバーのご発注は、一切返品できませんの、ご注文の際、ご了承ください。
SWITCH 2003年12月号
SWITCH 2003年12月号
ID switch_0312
品名 SWITCH 2003年12月号
ご注文 品切
商品価格 1,200円 (+税)
説明 MagazinefortheNewTraveller特集沢木耕太郎旅の果て、はるかな王国
DECEMBER 2003 Vol.21 No.12

決定版!200ページ総力特集
移動をくり返すことで畏れと昂ぶりを記録する作家、沢木耕太郎。 1986年に始まった日記連載「246」から、写真集『天涯』まで、 常に新しい地平をスイッチと沢木耕太郎はコラボレーションしてきた。 そのスイッチが満を持してお贈りする沢木耕太郎大特集(内藤利朗・写真)

■天涯第三風は踊り星は燃え| 1998年から2002年までの疾走を写真で記録。*『天涯第三』(弊社刊)より
■未発表原稿冬のオリンピア「序論」| 1996年、日本経済新聞紙上で一年間連載をした「オリンピア」。その「序論」に大幅に手をいれた未発表作品を掲載
■自筆年譜|55年間という歳月の、沢木耕太郎の旅。その軌跡を、沢木自身が辿る
■未発表原稿「アルベール・カミュの世界」| 幻と言われた大学時代の卒業論文、400字詰原稿用紙130枚を一挙掲載
■『一瞬の夏』その後|名著『一瞬の夏』から10年。沢木耕太郎とカシアス内藤の前に現れたある若きボクサーの肖像
■ロング・インタビュー|2003年9月18日、韓国・ソウル。雨の街を歩きながらの撮影と、ロング・インタビュー
■通過地点|2003年5月28日、NYのジャパン・ソサエティーにおける講演を全収録。
■『その肩の』後記|無名の生、無名の死。その柔らかな追慕となった後記を掲載
■ロング・インタビュー|2003年10月。夕焼けの隅田川を沢木とともに歩きながら、『無名』に絡めて父への想いに迫る
■全作品解説−著者自身による43册の軌跡−|1973年の『若き実力者たち』から2003年の『無名』まで、沢木自身の解説をもとに作品を繙く
■自画像|トルーマン・カポーティの『自画像』にならったQ&A方式のインタビュー
■移動の軌跡|1947年から2003年まで。沢木耕太郎が訪れた都市の数々を白地図に記す

□荒木経惟日本道中膝栗毛特別篇「加賀街道 金沢にて」|荒木経惟が金沢・浅野川で出会った、着物姿の二人の女性
□石川直樹|写真集『POLE TO POLE』を上梓した石川に、自分の旅をトレースするという気持ちを訊く
□木原千佳|父の故郷を父とともに旅した記録をまとめた写真集『Nostalgia』の完成に際し、今思うこと
□in the city TOKYOライブ・レポート
□山形国際ドキュメンタリー映画祭2003レポート
□くるり、クラムボン、笹川美和、平川一丁目、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、半野喜弘、ほか


最終回□建築・環境・写真 46|ホンマタカシ+貝島桃代| [金沢21世紀美術館/SANNA]
最終回□青空 47|大森克己| [金沢21世紀美術館/SANNA]
最終回□NIGHT AND DAY |赤阪友啓|[天の詩、ドンドフとの出会い]
最終回□book addicts|書架悦覧:寸(モンスーン)|容姿端麗な書物たち:中條正義
最終回□DISC-COVER 9|佐々木敦|
 
ご注意
ご注文・発送が確定しましたらキャンセルが出来ませんのでご注意ください。
送料・支払方法・ 受け取り拒否等の表記