かご情報
かごには現在、下記の分、入っています。
商品数 0
商品代金計 ¥0

かごの中身表示
注文画面へ
出荷案内
お取り寄せ 入荷に10〜14日(出版社営業日)。品切れの場合は確認次第ご連絡いたします。

予約 入荷日に発送

かごへ店舗在庫と共有にため、ご注文のタイミングにより、品切れになる場合もございます。

バックナンバーについて
・雑誌バックナンバーは、限られた在庫から出庫するため、多少の傷、破れがあります。付録がない場合や期間限定のイベント、特典が無効になる場合もあります。 雑誌バックナンバーのご発注は、一切返品できませんの、ご注文の際、ご了承ください。
MUSICA ムジカ 2009年06月 椎名林檎
MUSICA ムジカ 2009年06月 椎名林檎
ID musica_0906
品名 MUSICA ムジカ 2009年06月 椎名林檎
ご注文 品切
商品価格 667円 (+税)
説明 <MUSICAムジカバックナンバー一覧>

表紙巻頭特集: 椎名林檎、ソロ活動本格再開、その第一声をここに!!
昨年デビュー10周年を迎え、その集大成とも言えるRingoEXPO08によっていまだ絶大なカリスマ性と異形の存在感を示した椎名林檎。初めてTVドラマ主題歌として書き下ろした新シングル『ありあまる富』リリースに加え、6年ぶりのオリジナルアルバム『三文ゴシップ』のリリースも発表し、いよいよ本格的にソロ活動を再開した椎名林檎の第一声をお届けします!自ら「椎名林檎」にピリオドを打った『加爾基 精液 栗ノ花』から東京事変をスタートさせるまでの心境、東京事変を経て再び椎名林檎が椎名林檎に戻ってきた理由、『ありあまる富』に込めた新しい林檎像と、さらには『三文ゴシップ』の完成予想図まで言及した、撮り下ろしフォトセッションと3万字近くに及ぶファン必読のインタヴューです。さらに7月号では『三文ゴシップ』のディープインタヴューを予定!!早くも林檎から目が離せません!!
去年も大好評だった、MUSICA名物企画!
今年も最速にして36ページのブック・イン・ブック仕様!!
「全24フェス完全網羅!みんなが待ってた夏フェスパーフェクトガイド!」
昨年大好評を得た、ぶっちぎりのフライイング最速夏フェスガイド、期待にお応えして今年もやっちゃいます!!!フジロック、サマソニ、ROCK IN JAPANを始め、南は宮古島から北はライジングサンまで、全国で開催される24フェスの今年の展望&最新情報を一挙公開!もちろん主催者インタヴューも堂々敢行!小林武史(ap bank fes’09)、アジカン(NANO-MUGEN FES.2009)、くるり(京都音楽博覧会)、スカパラ(TOKYO SKAJAMBOREE)などアーティスト主催フェスに加え、今年は10周年を迎え、3日間にわたって開催されるサマーソニック主催者・クリエイティブマンの清水氏からも豊富な情報をゲット!!おなじみ特製マップも付随したフェス中毒者必携の「これだけで買い!」なパーフェクトガイドブックです!!
VAMPS、3号連続登場第1弾――HYDEソロインタヴュー編
シングル『EVANECENT』&ファーストアルバム『VAMPS』リリース、ライヴとアミューズメントパークが一体となった空前のエンターテイメント「VAMPARK」の開催と全国ツアー、さらにはUSAツアーまで、加速度的に活動を活発化させているVAMPS。3号連続登場企画の第1弾は、HYDEとのソロロングインタヴュー!ライヴバンドたるVAMPSにこめた信念から、シングル&ニューアルバムの裏に潜んだHYDEの思いに迫ります!
くるり、アルバム『魂のゆくえ』帰国直後インタヴュー
アルバム『魂のゆくえ』を完成させてニューヨークのスタジオから帰国直後のくるりに直撃!のはずが、どことなくいつものくるりと様子が違う!?そのワケとは?――時代に拘り、コンセプトに拘ることで、世の中に響くロックを作り続けてきたくるりが、ジャンルもコンセプトも掲げずに、ひたすら丁寧にただ純然たるくるりであることを貫いた傑作『魂のゆくえ』、その真相をやさしく紐解く決定的インタヴュー!!
曽我部恵一BAND、ロックンロールの幸福を奏でる!
誰よりもロックンロールを愛し、誰よりもロックバンドを愛する曽我部恵一BANDによって届けられたロックンロールアルバム『ハピネス!』。戦争は起こり続け、不況が世の中に影を落とし続ける時代だからこそ、夢や御伽噺ではない究極の幸福と愛を見出そうとする曽我部恵一。その最も核心的なロックンロール・イズムが如実に形になった『ハピネス!』、その最高傑作の誕生を祝う!
ACIDMAN、溢れ出る創作性&新アルバム先行試聴会ご招待!!
来るべきニューシングル『Under the rain』の完成はおろか、既にニューアルバムの完成がほぼが見えているというACIDMANのスタジオで、大木伸夫に突撃インタヴュー。新曲を中心に、ニューアルバムへ向けた展望まで聞いたところ、さらにその次のアルバムまでもう着手しているとか!?創作意欲が溢れてやむことのない大木の好調ぶりを読み解く。また、MUSICAだけの特典として、ニューアルバムの「超」先行試聴会in東京に読者をご紹待するプレゼントも!!!!
まだまだ勢い衰えぬ’09ニューカマーバンドの攻勢、一挙掲載!
弊誌2月号総力特集「09年ロック新白書」に端を発するニューカマーロックバンドの攻勢の流れはまだまだ収まらず!シーンを揺るがす未知の可能性の塊から順調に歩を進めてきた期待の新人バンドまで、編集部がイチ推すニューカマーバンドを一挙掲載!衝動と攻撃性に満ちた新たなハードコアパンクバンド、Qomolangma Tomatoを筆頭に、瑞々しいメロディとストレートな歌詞の蒼さが胸を突くLOVE LOVE LOVE、エモーショナルなヴォーカルとグルーヴィなギターロックを引っ提げいよいよメジャーの門を叩くSUPER BEAVER、内省的詞世界と硬質なサウンドによって奔放にして厳かな抒情詩を奏でる未完成VE新世界、センシティヴで儚い輝きを放ちつつ真摯にロックを紡ぎ続けるAny、ファンクやラテンなど異ジャンルのグルーヴを巧みに取り入れひたすら幸福な音楽を奏でるNUBO、流れるような旋律とキーボードを駆使した音圧によって鋭角的なエモーショナルロックを放つschool food punishment、計7バンドをフィーチャーします!!
また、カジヒデキ、detroit7、シュリスペイロフのロングインタヴューに加え、JAPAN-狂撃-SPECIALが敬愛する怒髪天・増子直純にニューアルバムを持っての挨拶回り(!?)、さらにラルク アン シエル、キマグレン、Good Dog Happy Menの最新動向などなど強力コンテンツ満載!
名物企画ライヴ合評と、いしわたり淳治、カジヒデキ、ART-SCHOOL、セカイイチ、サカナクション、おとぎ話、8otto、lostageら多くのミュージシャンもレヴュアーとして参加する及ぶ大ヴォリュームのディスクレヴューも多数!さらに10-FEET、サカナクション、JAPAN-狂撃-SPECIAL、髭の豪華連載陣、広がるベーシストの輪やあの有名人の人生を支える音楽、期間集中でお届けするiLLの短期連載に、つしまみれのハワイ密着レポートなど、コラムも超充実!!
特別価格:本体667円+税(本体価格:667円+税) 雑誌コード:08521-06
 
ご注意
ご注文・発送が確定しましたらキャンセルが出来ませんのでご注意ください。
送料・支払方法・ 受け取り拒否等の表記