かご情報
かごには現在、下記の分、入っています。
商品数 0
商品代金計 ¥0

かごの中身表示
注文画面へ
出荷案内
お取り寄せ 入荷に10〜14日(出版社営業日)。品切れの場合は確認次第ご連絡いたします。

予約 入荷日に発送

かごへ店舗在庫と共有にため、ご注文のタイミングにより、品切れになる場合もございます。

バックナンバーについて
・雑誌バックナンバーは、限られた在庫から出庫するため、多少の傷、破れがあります。付録がない場合や期間限定のイベント、特典が無効になる場合もあります。 雑誌バックナンバーのご発注は、一切返品できませんの、ご注文の際、ご了承ください。
bridge ブリッジ NO.061
bridge ブリッジ NO.061
ID bridge_061
品名 bridge ブリッジ NO.061
ご注文 品切
商品価格 552円 (+税)
説明 bridge 61号
bridgeだからできた豪華スペシャル対談が、なんと4本!
吉井和哉×大木伸夫(ACIDMAN)、宮本浩次(エレファントカシマシ)×チャットモンチー、
奥田民生×志村正彦(フジファブリック)、Dragon Ash×RIP SLYME。
その他にも、ゆず、BEAT CRUSADERS、flumpool、Base Ball Bear etc.……
充実のbridge VOL.61は10月5日発売です!
雑誌コード:09797-11発売日:2009-10-05
●吉井和哉×大木伸夫(ACIDMAN)
スペシャル対談イシューのbridge61号。その表紙巻頭を飾るのは、吉井和哉×大木伸夫(ACIDMAN)!世代は異なれど、互いにシーンの最前線 で闘ってきた両者が、輝かしいロックの未来や個人的嗜好を大マジに、そして爆笑も交えながら、大いに語り合う!ここでしか見られない貴重な写真も満載!
●宮本浩次(エレファントカシマシ)×チャットモンチー
意外な組み合わせと思いきや、以前から互いの音楽を非常にリスペクトしていたこの2組。9/19のイベント共演を前に、それぞれのロック・バンド論をぶつけ合った貴重なトークを大公開!
●奥田民生×志村正彦(フジファブリック)
ある意味「師弟」対談と言ってもいい奥田民生×志村正彦。民生のライヴを観たことで音楽を生業にすることを決意した志村。対談でいかなるグルーヴが生まれるのか?
●Dragon Ash×RIP SLYME
いわずもがなの盟友、Dragon Ash×RIP SLYME。ロック・イン・ジャパンのバックステージで実現した「運命共同体」対談を濃厚にお届け!
●ゆず
ニュー・アルバム『FURUSATO』完成! 今や日本を代表するポップ・デュオは、この新作を前にいかなる覚醒を見せたのか?
●BEAT CRUSADERS
今年2月のベスト盤でそれまでの活動を大総括したビークル。1年8ヶ月ぶりのシングル『LET IT GO』で新章突入!ロック知能犯・ヒダカに訊く!
●flumpool
大舞台となる10月の武道館公演を控えたflumpool。彼らのポップ・マインドが炸裂したキラー・チューン『フレイム』に見る、進化するバンドの胎動とは?
●Base Ball Bear
最高傑作『(WHAT IS THE) LOVE & POP?』を完成させたBase Ball Bear。小出はいかにして自らの前に立つ壁を越え、今までにないタフネスを手に入れたのか?
●椿屋四重奏
椿屋四重奏、満開!記念碑的作品『CARNIVAL』に溢れる艶と豊潤さの源泉に迫る!
●米米CLUB
米米大豊作!2枚のシングル、そして16枚目のアルバム「SUNRICE」リリース!絶好調の米米CLUBの今を、石井、BON、金子が語る!
●THE BOOM
「THE BOOMの20年」。時代に流されるのではなく、常に時代をつくり上げてきたバンド・THE BOOMを徹底検証!その偉大なる歴史、そしてこれから――。
●GLORY HILL
確かな成長の手ごたえとともに届けられた新作『Signs』。メロディック・パンクの超新星が炸裂させた進化の軌跡に迫る!
●間々田優
愛も恥も情念も、すべてが渦巻く超濃厚な新作『予感』。切り開かれた新境地について間々田に訊く!
●GOLLBETTY
ロックの初期衝動が爆発したニュー・アルバム『SCRAMBLE』完成!GOLLBETTYが直面した迷い、そして飛躍の理由を紐解く!
●FREENOTE
ドラマーの脱退を乗り越え、2人組になったFREENOTE。日々の喜怒哀楽をポップへと昇華させた『チョコレートボックスオーケストラ』に溢れる新たな可能性とは?
ブリッジ61号●定価552円+税●雑誌コード09797-11●季刊●10月5日発売 
ご注意
ご注文・発送が確定しましたらキャンセルが出来ませんのでご注意ください。
送料・支払方法・ 受け取り拒否等の表記